コミュニケーション/コーチング/ドラム・パーカッション/アートセラピー各種講座
リベルのロゴ
HOMEBLOGお問合せLINK 
HOME > 研修の特長



研修の特長


自己効力感+具体的な方法


日常生活で、現場で、活かせます。
日々の小さな行動が変わります。


小さな行動で人生は決まります。
では、行動を変えるには何が必要でしょうか?
リベルでは下記の2つが必要だと考えています。

具体的な方法を知り、自分にもできそうだという思いを感じることで行動が変わります。
この2つを全ての研修を通じてリベルは提供します。

「自己効力感」とは、「自分はできる」と思える感覚のことです。
私たちは意外と自己効力感を少なめに見積もっているところあり、
自己尊重できていないところがります。

謙虚といえば長所ですが、時にはそれが、
行動に結びつけられないブレーキになっている場合もあります。

下記のイラストのAのように、「自分はできない」「自分はダメだ」と思っている人は
自分の立っている地面がそうではない人と比べると、
穴をほって下のラインにいる状態です。

この状態では、同じ目標であっても、Bの人より目標が高く感じてしまいます。




自己尊重感、自己肯定感を持つことで行動するパワーに結びつけます。

「自分はできる」と思うこと、「すぐにできそう」「簡単にできそう」だと思える
具体的な方法を提示することで、行動変容に結びつけます。

記載内容の無断転載・転用は法律により禁止されております。